ジープ「ラングラー」「チェロキー」「レネゲード」に80周年記念限定モデル発売

FCAジャパンは2021年2月1日、ジープの誕生80周年を記念し、「レネゲード」、「ラングラー/ラングラー・アンリミテッド」、「チェロキー」に、限定車「80thアニバーサリーエディション」を設定し2月11日(レネゲードは4月)から発売すると発表しました。

軍用車両として1941年に誕生したジープは2021年に80周年を迎え、この特別な1年のために特別なボディカラーや装備を採用した限定車が設定されました。

ボディカラーは約4万件に達した投票により決定されたもので、全モデル共通のコンセプトカラーであるグラナイトクリスタルメタリックC/Cに加えて、モデルごとに通常は用意されていないボディカラーを設定。インテリアは全モデルがブラックとなっています。

限定車専用のエクステリアバッジやグラナイトアクセント付18インチアルミホイール、初代ジープ・ウイリスのタグ付きレザーシート、80thアニバーサリータグ付フロアマットが装備されています。

またクローズドボディとなるレネゲードとチェロキーには、乗員全員が自然との一体感を味わえるデュアルペインパノラミックサンルーフも装備。このほかモデルごとに特別アイテムが付加されます。

ラングラー/ラングラー・アンリミテッド80thアニバーサリーエディション

豪華仕様の「サハラ」をベースとし、外装はダークグレーアクセント入りのフロントグリルやヘッドライトベゼル、80thアニバーサリースイングゲートプレート、グレー/ブラックカラーのジープ・バッジ、トレイルレイテッド・バッジにより特別感を強調しています。

インテリアには、80thアニバーサリーセンターコンソールバッジが備わります。なお、サハラベースの2ドアの導入は現行モデルでは初となります。

価格

ラングラー80thアニバーサリーエディション(110台)価格:583万円(税込み)
ラングラー・アンリミテッド 80thアニバーサリーエディション(350台):616万円(税込み)

チェロキー 80thアニバーサリーエディション

上級グレード「リミテッド」をベースに、外装にはグラナイトクリスタルのフロントグリル、フォグランプベゼル、ドアミラー、グラナイトアクセント付ボディ同色フロントバンパー、ボディ同色のフロントフェイシアおよびホイールフレア、シルモールディング、ダークグレーのルーフレール、ブラックのデイライトオープニングなどが装備されます。一方、インテリアにはアノダイズド・ガンメタルインテリアアクセントが採用されています。

価格

チェロキー80thアニバーサリーエディション(150台):522万3000円(税込み)

レネゲード80thアニバーサリーエディション

上級グレード「リミテッド」をベースに、外装にダークグレーグリルを装備。内装には80thアニバーサリーインストルメントパネルバッジやアクセントやグロスブラック・ステアリングホイールベゼル、ブラックヘッドライナーが採用されています。

価格

レネゲード 80thアニバーサリーエディション(350台):388万円

ジープ 関連記事
ジープ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る