ZF 進化する8速AT レース用、プラグインハイブリッド用ユニットが登場

レース用に開発された遊星ギヤ式8速AT「8P45R」
レース用に開発されたトルコンレスの遊星ギヤ式8速AT「8P45R」

2015年10月31日、ニュルブルクリンクで開催されたVLNシリーズ第10戦で、ZF製のレース用8速ATを搭載したBMW M235iレーシングカップ仕様車が出場した。当初からモジュール設計コンセプトを採用している8速AT、「8HP」は多様な進化を遂げている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る