アウディ フルサイズSUVのRSモデル「RS Q8」を発表

アウディ ジャパンは2020年11月28日、クーペスタイルのフルサイズSUV「Q8」に初めてスーパースポーツモデルのRSを設定し発表しました。発売は2021年2月以降の予定です。

富士スピードウェイで発表された「RS Q8」と、アウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長

「Q8」は、2019年に大型SUV市場に向けてスポーティでラグジュアリーなモデルとして導入されたクーペスタイルのSUVモデルです。

今回登場する「RS Q8」は、アウディのハイパフォーマンスモデルをを担当するアウディスポーツGmbHによって開発、製造される超高性能モデルです。

エクステリアは、ハイグロスブラックのラジエーターグリルやルーフエッジスポイラー、リヤスカート、楕円テールパイプなどRS専用パーツや、大径23インチアルミホイールによってよりQ8のスタイリングを精悍に仕上げています。

インテリアは、アルカンターラ/レザーのスポーツシートやオプションのレザーシートパッケージ、専用モードを備えたアウディバーチャルコックピットなどにより、本格スポーツモデルらしい雰囲気を演出しています。

パワーユニットは、最高出力600ps、最大トルク800Nmを発生する4.0LのV8ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは8速ティプトロニック、駆動システムはクワトロ(AWD)を採用しています。

エンジンは48Vマイルドハイブリッドシステム、シリンダーオンデマンド(COD:気筒休止システム))を採用した最新のユニットです。駆動方式はセルフロッキングディファレンシャルを持つフルタイムAWDを搭載。

サスペンションは、よりスポーティなチューニングを施したRSアダプティブエアサスペンションを標準採用。さらに、状況に応じて後輪を最大5度、前輪と逆位相に操舵することで低速走行時には取り回し性能を、高速走行時には同位相によってステアリングレスポンスを高める4輪操舵システム「オールホイールステアリング」を標準装備しています。

最新のデジタル技術やセーフティ技術ももちろん充実しています。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスによるインフォテイメントシステムを採用。オーディオにはバング&オルフセン3Dサウンドシステムを標準装備。

またアダプティブクルーズコントロールやアダプティブドライブアシスト/エマージェンシーアシストやアウディプレセンスリヤ、アウディサイドアシストなど、数々の先進運転支援システムをフル装備しています。

価格

アウディ Q8 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る