【繁浩太郎の言いたい放題コラム】第13回 元ホンダ開発者が語る、スズキ・アルトのすごさ

繁浩太郎コラム アルトのすごさ003
元ホンダ開発者の筆者が、今回はスズキ・アルトのすごさについて語ります

スズキ・アルトについて、皆さんは「単に安い軽自動車」というイメージをお持ちではありませんか? じつは私(筆者・繁浩太郎)も以前はそういうイメージを持っていました。しかし、今回の新型アルトに今までのそういうイメージではないものを感じました。つまり、価格燃費はもちろん極限までやりきり、さらにクルマとして大切な「愛着」をめざしたように思えたのです。この機能的な「価格燃費」と感情的な「愛着」の両立は意外と難しいものなんです。今回はその辺りのお話をしてみたいと思います。


ページのトップに戻る