昭和シェル バイオマス原料由来の次世代合成ガソリンを開発

2017年12月7日、昭和シェル石油は、東北大学大学院・工学研究科・冨重圭一教授の研究グループとの共同研究で、食糧と競合しないバイオマス原料から、ガソリン基材として利用可能なヘキセンの生成に成功したと発表した。この技術を2025年までに確立することで合成燃料を製造し、温暖化対策への貢献を目指す。


ページのトップに戻る