出光 電気自動車・ハイブリッド車向け専用フルードを新開発

出光興産は2019年12月23日、電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HEV)の駆動部「Eアクスル」の性能向上を図る専用フルード「イデミツEアクスル・フルード」を開発したと発表した。この新製品は、多様な「Eアクスル」ユニットに対応するべく3種類をラインアップし、減速機の潤滑、クラッチ断続、モーター冷却などの性能向上を実現している。

出光 電気自動車・ハイブリッド車向け専用フルードを新開発

商品概要

「Eアクスル」は駆動モーター、インバーター、減速機を一体化させた駆動ユニットだ。これまでMT、AT、CVTなどのトランスミッション用フルードの開発で培った技術、知見を活用し減速機の潤滑、クラッチ性能、モーター冷却性を備えたEアクスル専用フルードを開発した。

Eアクスルは最小限の設計変更でエンジン車をハイブリッド化できることに加え、EVにも適用可能なため、ヨーロッパや中国の自動車メーカーを中心に採用されている。

このため、既存のオートマチック・トランスミッション用フルードよりもEアクスルに適合する新たな専用オイルを開発した。

Eアクスル・フルードはOEM製品として、出光の潤滑油販売拠点から世界28カ国以上に展開する計画で、今後は出光ブランド製品としての販売も検討しているという。

新開発の Eアクスル・フルード(3種類)

  • IDEMITSU E AXLE FLUID TYPE-A:長シャダー寿命、クラッチ性能を付与
  • IDEMITSU E AXLE FLUID TYPE-G:超低粘度かつギヤ保護性能を付与
  • IDEMITSU E AXLE FLUID TYPE-C:ギヤ保護性能、モータ冷却性能を付与

出光興産 公式サイト

出光昭和シェル石油 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る