ルネサス、フォーミュラEチーム「マヒンドラ・レーシング」と戦略的提携を拡大

ルネサス エレクトロニクスは2018年11月12日、FIAフォーミュラE選手権に参戦しているマヒンドラ・レーシングとの戦略的な提携を2018-19シーズン(シーズン5)に向けて拡大することを発表した。マヒンドラ・レーシングは、インドの電気自動車開発のパイオニアであるマヒンドラ&マヒンドラ(本社:インド・ムンバイ)のチームだ。
ルネサス、フォーミュラEチーム「マヒンドラ・レーシング」と戦略的提携を拡大

ルネサス エレクトロニクスとマヒンドラ・レーシングは、2017年に戦略的提携関係を締結し、オフィシャル・テクノロジー・パートナーとなっている。同時に、EV開発においてフォーミュラEを技術開発のプラットフォームとして活用するという、マヒンドラの「Race to Road方針」(レースで使用した技術を量産車に適用する)に基づき、フォーミュラEだけではなく、量産車のPoC(proof-of-concept:プロトタイプ実装に際しての機能検証工程)の開発を含め幅広い項目で提携している。
ルネサス、フォーミュラEチーム「マヒンドラ・レーシング」と戦略的提携を拡大

この提携を通じて両社はそれぞれの強みを持ち寄り、インドをはじめ、新興市場向けのEV、パワートレーン、ADASなどの開発・製造に向けて提携関係を拡大して行く方針だ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る