自動運転タクシーによる公道サービス実証実験の動画を公開

株式会社ZMP(東京都文京区、以下ZMP)は、2018年8月27日〜9月8日に実施した自動運転タクシーの公道サービス実証時の走行動画を公開した。

本サービスの実証は、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar MiniVanを用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーにより営業走行を行った。ルートは、大手町フィナンシャルシティグランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ5.3kmで、自動運転タクシーサービスの実現に向けた検証を行うため、タクシー需要の多い都心部において営業走行を行った。
※関連記事:東京都心で世界初の自動運転タクシーの公道営業実証実験開始
 
今回公開された動画は、車内外から撮影した右左折や車線変更といった特徴的なシーンをピックアップされている。

ZMPと日の丸交通は、2020年の自動運転タクシーの実用化を目指し、2017年6月より協業を開始。熟練タクシードライバーの走行データの収集や、運転ノウハウのヒアリングなどを通して、自動運転アルゴリズムを改良。交通の流れに沿った自然な走行の実現、乗り心地の向上へとつながりっている。
日の丸交通ドライバーは、自動運転車両の操作を座学とテストコースで習得、安全な走行をサポート。
また、ZMPは自動運転タクシー用の配車システムを開発。ユーザーが自動運転タクシーを予約し乗車するためのスマートフォンアプリ、ルート確認、降車時の決済操作などを行う車内タブレットアプリ、そして、遠隔地で走行を監視するシステムを構築し、スムーズなタクシーサービスの運営をサポートした。

なお、今回実証実験で活用した自動運転システムや予約システムはタクシー事業者などMaaSを活用したビジネスを検討しているお客様に提供するサービスを展開していく。

自動運転タクシー公道サービス実証ウェブサイト(ZMP)
 
日の丸交通株式会社
株式会社ZMP


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る