IoTで路面状況を「見える化」 村田製作所は路面検知システムの実証実験開始

電子部品の開発・生産・販売を行う電子部品メーカーである株式会社村田製作所は、IoTを活用した低コストで効率的な道路保全と自動運転社会への貢献を目指し、独自のセンサ情報と画像技術を組み合わせた高精度な路面検知システムを開発、2018年7月より京都府宇治市にて本システムの社会実証実験を開始していることを発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る