【東京モーターショー2017】オムロン 新開発の「3D-LIDAR」を出展 2020年に量産を目指す

2017年10月20日、オムロン・オートモーティブエレクトロニクスは、クルマの周囲の状況を高精度に計測できる3D-LIDAR (スリーディー・ライダー)を開発したと発表した。一般道や市街地における自動運転の実現のために3Dライダーは必須のセンサーと位置付けられ、2020年の量産開始を目指す。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る