デンソーテンのカーナビ「イクリプス」エントリーモデルに新機種登場

デンソーテンは2023年3月24日、デンソーソリューションが企画・開発したカーナビゲーション・ブランド「ECLIPSE(イクリプス)」ブランドのエントリーモデル・シリーズ「AVN」の新商品2機種(LSシリーズ:フルセグモデルAVN-LS03/AVN-LS03W)を4月中旬から順次発売すると発表した。

AVN-LS03W(左)、AVN-LS03

ニューモデルは、エンジンをかけてからカーナビゲーションの機能を利用できるようになるまでの起動速度を、従来のLSシリーズより約2倍高速化した。これにより、目的地設定やバックカメラでの後方の安全確認などをスムーズに行なうことができる。

また、地デジチューナーの性能向上により、中継局サーチだけでなく系列局サーチも搭載。受信エリアをまたいでも同じ番組を継続視聴することが可能となり、きれいな映像を楽しむことができる。また、地図と映像の2画面表示も可能となっている。さらに、以前より好評の方面看板表示やジャスト案内などのわかりやすい地図案内に加え、必要十分なオーディオ機能と快適な操作性を継承したハイコストパフォーマンスモデルとなっている。

ナビ画面では、目的地までの線の視認性を向上。アンチエイリアス対応により、地図のルート線、目的地直線のギザギザをなくして滑らかに描画し、地図の見やすさを向上している。ルート検索は有料優先/有料回避(一般優先)/時間優先/幹線優先(高速道路や国道など走行しやすい道)などを考慮した6ルートから、好みに合わせてルートを選択できる。

そして案内交差点の直前になると音声と警報音で対象交差点をお知らせする。信号機がある交差点の場合、信号機を目安に案内するのでさらに運転しやすくなっている。

VICS WIDEを利用し、大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、津波、火山噴火など、NHKをはじめ各地のFM放送局から当該都道府県とその周辺の情報を提供する機能も搭載。

自社位置の検知は準天頂衛星「みちびき」対応しており、高層ビル街や山間部などGPSが受信しにくい場所でも受信でき、測位精度の向上に効果を発揮する。

さらにLSシリーズは、英語、中国語、韓国語などにも対応しているのも特徴だ。

デンソーテン 関連記事


ページのトップに戻る