デンソーテン 新開発のサウンドシステムが新型クラウンに採用

デンソーテンは2022年8月30日、新たに開発した新世代サウンドシステムが、トヨタの新型「クラウン(クロスオーバー)」に装着される「トヨタプレミアムサウンドシステム」として採用されたことを発表した。

この新世代サウンドシステムは、トヨタと共同でスピーカー周辺のボディ形状などを最適化し、スピーカー駆動時の不要振動を低減することで、雑味の無いクリアな音を生み出すことができるシステムだ。

10個のスピーカーと、独自のデジタル信号処理技術を搭載した8chフルデジタルClass-Dアンプから成るハイレゾ対のサウンドシステムで、従来のコンセプト「原音に対して正確な音の再生+立体空間再生」をさらに進化させ、雑味の無い上質さ+車室外まで広がるようなゆとりの音空間を目指し開発されている。

車両ボディ、内装構造の最適化による不要振動の低減策として、スピーカー駆動によって発生する周辺部品の不要振動を見える化するために、振動シミュレーション技術を開発。車両の3Dモデルで不要振動を解析した結果をもとに、トヨタと共同でサウンドシステムの性能を最大限に引き出せるように車両ボディ/内装形状を最適化している。

また車室内特有の音の乱れを補正し、心地よい響きを与えることで、リスニングルームのような音空間を再現することを追求。そのため高性能DSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)により車室内で発生する不要なガラス反射やドア振動などによる音の乱れを信号処理で制御・補正し、元の音源をより正確に再現。加えてリスニングルームで音楽を聞いたた時の反射音を到来方向まで忠実に車室内で再現することで、車室外まで広がるような心地よい音空間を実現している。

その他に、独自形状の振動板、エッジ設計でスピーカーの剛性や振幅対称性を向上し、原音に対して正確な音を再生できるようにし、ハイレゾの良さを活かす高性能マスタークロック搭載。さらにアンプ筐体を刷新することで対ノイズ性能向上・高剛性化を実現し、音質を大幅に改善させるなどの新技術を積み上げることで、高次元のサウンドシステムを達成している。

デンソーテン 関連記事


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る