住友ゴム 空気漏れ防止技術を採用「ファルケン ユーロオールシーズンAS210」をドイツで発売

住友ゴムは2021年7月21日、タイヤトレッド部の損傷による空気漏れを防ぐシーラントタイヤ・テクノロジー「CORESEAL(コアシール)」を採用した第1弾商品、「ファルケン ユーロオールシーズンAS210」をヨーロッパの販売会社であるファルケンタイヤ・ヨーロッパを通じてドイツで発売したと発表しました。

「CORESEAL」とは、トレッド部の裏側にシーラント剤(粘着性・粘度のある特殊材料)を塗布する技術で、直径5mmまでの釘などが刺さり、トレッド部の裏側まで貫通する損傷が発生した場合でも、塗布されたシーラント剤が穴を塞いで空気漏れを防ぐことができます。

タイヤ内側のシーラント剤が塗られた面

そのため通常であればパンクが発生する状態でも空気圧を維持したまま走行することが可能となり、このタイヤであればスペアタイヤを搭載せずに済むため、省資源になるとともに、車載重量が減ることで燃費向上にもつながり、安全性の向上と省資源・省エネルギーへの貢献を両立することができます。

発売サイズは、235/55R18 104V、225/50R17 98Vの2サイズ。

ファルケン 関連記事
ファルケン 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る