住友ゴム 乗用車向けタイヤ空気圧・温度管理サービスの提供開始

住友ゴムは2021年12月2日、乗用車向けのタイヤ空気圧や温度をリモート監視する「タイヤ空気圧・温度管理サービス」を福岡県のタイヤセレクト直営店2店舗(福岡西店・筑紫野店)で提供を開始したと発表した。

対象条件でタイヤ4本を購入し、「パンク安心保証プラン」に加入した人を対象に、業界初となるタイヤ空気圧監視システム(TPMS)とパンク保証サービスのセットを、各店舗先着100名に提供する。1台分のセットプランには、TPMS(4つ)LED付きUSBデバイス、専用アプリが付属している。

セルフ方式のガソリンスタンドの増加や、電気自動車の普及が進むことによってタイヤが専門店の目に触れる機会が減少し、空気圧の過不足を早期に発見することが難しくなってきているのが現状だ。

今回提供を始める「タイヤ空気圧・温度管理サービス」によって、タイヤ空気圧を適正に維持することで、パンクの原因の1つである空気圧不足を防ぎ、安全・安心なドライブに貢献するとともに、燃費や走行性能の向上に寄与することになる。

このシステムは、TPMS装着車両のタイヤ空気圧や温度に異常が発生した際に、車載のUSBデバイスのLEDが赤色に点滅してドライバーに知らせる。知らせを受けたドライバーは、速やかに安全な場所に車両を停車させ、スマートフォンの専用アプリで異常が発生したタイヤの位置と詳細なタイヤ空気圧や温度情報を確認できる。

専用アプリでは、空気圧や温度の状態を適正(青色)・低い(赤色)・高い(黄色)の3段階で表示される。またスマートフォンで確認した空気圧データはクラウドに蓄積され、過去の履歴を確認することも可能になっている。

今後、CASE/MaaSなど自動車業界の変革によって、メンテナンスフリーやタイヤ状態のリモート監視の需要はさらに高まっていくと考えられており、このシステムもそのひとつで、今後さらなるサービスの拡大を期待したい。

ダンロップ 関連記事
ダンロップ 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る