住友ゴム スーパーコンピューター「富岳」を利用した開発を加速

住友ゴムは2021年3月9日、学術・産業分野へ共用が開始される、理化学研究所の世界最速のスーパーコンピューター「富岳」を利用した開発をすると発表しました。

住友ゴムは、令和3年度HPCIシステム利用研究課題募集における「富岳」産業課利用枠に採択されました。

2015年にタイヤの新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド フォーディ ナノ デザイン)」を確立し、タイヤの主要性能である低燃費性能、グリップ性能、耐摩耗性能を向上させるゴム材料の開発を行なってきています。

このほど「富岳」を利用することで「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を一層進化させることが可能になりました。

特に摩耗や経年による性能低下を抑制し、新品時の性能を長く持続させる技術「性能持続技術」の開発を進めていますが、このテーマではタイヤ使用時にゴムの中で発生している分子レベルの化学変化を正確に理解し、制御することが大きな課題となっています。

住友ゴムは、より詳細な分子構造を考慮した分子運動の表現手法をすでに確立・論文発表していますが、今後「富岳」を利用することで、分子運動に加えて化学変化まで表現できるゴム材料のシミュレーションを実現させる予定です。

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る