住友ゴムと東北大学がゴム破壊をさまざまな速さで3D観察することに成功

住友ゴムと東北大学・多元物質科学研究所の矢代航准教授は、2021年3月8日産学連携による共同研究で、住友ゴムが2015年に完成させた独自の新材料開発技術「ADVANCED4D NANO DESIGN(アドバンスド4Dナノデザイン」として開発した4D-CT(4次元X線CT)法の約1000倍速での高速撮影に成功したと発表しました。

今回の成果は、ゴムに関する様々な知見を持つ住友ゴムと、世界最高速のX線CT技術を持つ東北大学・多元物質科学研究所の矢代航准教授との共同研究で生まれたもので、この技術により、実際のタイヤ使用時に発生するゴムの破壊を様々な速さで観察ができるようになりました。

住友ゴムの「ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド4D ナノデザイン」の基幹技術のひとつである大型放射光研究施設「SPring-8」を活用した4D-CT法で、耐摩耗性能向上を目指した材料開発を行なってきたが、これまでの4D-CT法では1枚の3D画像を撮影するのに数秒程度を要するため、より鮮明な画像を得るために撮影スピードの高速化が求められていました。

そこで住友ゴムと東北大学は共同で、高速4D-CT法の技術開発を進めてきた結果、1枚の3D画像を得るのに、これまでの約1000倍速化となる約0.01秒での撮影に成功したのです。

これにより実際にタイヤが摩耗する時に近い状態で、ゴムが破壊する様子を連続的かつ様々な速度で3D観察することが可能になります。

住友ゴムは、今後この技術を活用し、耐摩耗性能に優れたロングライフなタイヤの新材料開発を加速させるとしています。

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る