住友ゴム 北海道・名寄に国内最大級の屋内氷上試験施設「NICE」を開設

住友ゴムは2021年1月28日、冬用タイヤの開発拠点「名寄タイヤテストコース(北海道・名寄市)」内に、新たに試験施設「NICE(Nayoro indoor ICE field)」を開設したと発表しました。

NICEは、国内最大級の屋内氷上試験施設として全長100mの制動試験路と約30m×約30mの旋回試験路を備えており、天候に左右されない高精度な冬用タイヤ試験を可能とします。今後、NICEを活用することで、冬用タイヤのさらなる高性能化と開発のスピードアップを図るとしています。

NICEの建屋
室内で気温制御の空調をすることで、天候にかかわらず氷上テストが可能

住友ゴムは、総合的な機能を持つ岡山タイヤテストコースと、冬用タイヤの開発を行なう名寄と旭川タイヤテストコースを国内に所有しています。名寄タイヤテストコースでは冬シーズンの凍結路や圧雪路におけるタイヤ性能の試験・解析を行なっていますが、NICEの稼動により、より効率的に高精度な試験を行うことができるわけです。

名寄テストコース

1月26日には、地元関係者を招待した開所式を名寄テストコースで開催。式典では、北海道名寄市の加藤剛士市長から、同テストコースが長年にわたりスタッドレスタイヤの性能向上と地域経済の活性化に貢献してきたとして感謝状が付与されています。

住友ゴムの山本悟社長もリモートで開所式に出席し、「国内最大級を誇る屋内氷上試験施設「NICE」を最大限に活用し、この名寄の地から、全てのお客様に感動していただける世界一の冬用タイヤをお届けし、社員一丸となって開発を進めていく」と挨拶しました。

NICE施設概要

所在地:北海道名寄市字智恵文1996-1
試験開始時期:2021年1月
建屋面積:3000㎡
用途:屋内での氷上実車試験

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る