コンチネンタル・モビリティ・スタディから見る日本人のクルマ好きとは?

1

世界的な自動車部品サプライヤーのコンチネンタル・オートモーティブ社が、2015年5月に「モビリティ・スタディ」と題し、ユーザーのクルマに対する意識調査を行なった結果のレポートがあった。これらのレポートから、Tia1といわれるサプライヤーから完成車メーカーへどんな技術が提供され、そして近い将来われわれはどんなクルマに乗ることができるようになるのか?その未来が見えてくるものだった。<レポート:髙橋 明/Akira Takahashi>


ページのトップに戻る