ブリヂストン 最新鋭タイヤ成型システムをハンガリー工場に導入

2016101703

2016年10月17日、ブリヂストンは自社開発したタイヤ生産技術における品質向上や高生産性を実現するため、情報通信技術に人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION(エクサメーション)」を、2016年内にハンガリーの乗用車用タイヤ工場であるタタバーニャ工場へ展開すると発表した。

「EXAMATION」は同社のフラッグシップ工場と位置付けられている彦根工場に次ぐ展開で、海外への展開は初めてとなる。

BS bird

タタバーニャ工場は、2017年上期中に生産能力を1日あたり約1万2000本増強し、日産約1万8000本とする計画を進めており、今回の導入はこの一環だ。なお、2016年内に稼働を予定しているロシア新工場にも、「EXAMATION」を展開する予定だという。

編:タイヤがこれだけ増産されるということは、当然完成車両の生産も増えていることが想像できる。ロシアではとくにルノー日産あたりの動きが活発になるのかもしれない。

ハンガリー工場

ブリヂストン アーカイブ
ブリヂストン公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る