ブリヂストン 人工知能搭載の最新鋭タイヤ成型システムを導入

彦根工場内のエクサメーション設備の外観
彦根工場内のエクサメーション設備の外観

2016年5月25日、ブリヂストンはタイヤ生産技術でより高い品質、高い生産性を実現するため、独自の情報通信技術に人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION(エクサメーション)」をフラッグシップ工場である彦根工場に導入したと発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る