ブリヂストン 小平市にイノベーションセンターとテストコースを開設

ブリヂストンは2022年4月21日、東京都・小平市にある開発センター「ブリヂストン イノベーション パーク」内に、イノベーションセンター「B-Innovation(ビー イノベーション)」とテストコース「B-Mobility(ビー モビリティ)」の二つの新施設を開設し本格稼働を開始したと発表した。

「ブリヂストン イノベーション パーク」は、ブリヂストンのこれまでの歩みや2050年を見据えたビジョンを訴求する「ブリヂストン イノベーション ギャラリー」での常設展示や、多くのステークホルダーとの共議・共研へと関係を深め、さらに新たな価値を共に創造する共創へと進化させていく複合施設とされている。

今回新たに開設した「B-Innovation」と「B-Mobility」は、社内外の人々の交流をさらに促進し、「ブリヂストン イノベーション ギャラリー」での感動を共創へ繋げ、イノベーションを加速するための施設だ。

ブリヂストン オープン イノベーション ハブ

イノベーションセンター「B-Innovation」には、ブリヂストンのコア技術や製品を実際に見て触ってアイデアを膨らませる場「ブリヂストン オープン イノベーション ハブ」、工作機械などを取り揃えてアイデアを形にする場「ラフプロトスタジオ」、社外のパートナーが使用できる「共創オフィス」などがある。

「B-Mobility」は、モビリティに関する技術や製品のプロトタイプを、実車を使ってすぐに体感・検証することができるテストコースとなっている。開発センター内にテストコースを設けたことは画期的だ。

施設内にあるテストコース「B-Mobility」

ブリヂストンは、こうした新しい施設をを活用して、様々なパートナーとの共創を実現すると共に、リアルにシミュレーションなどのデジタル技術を融合し、生み出したアイデアをすぐに形にして、すぐに試すというサイクルを繰り返すことで、これまで以上に迅速な研究開発を推進して行くとしている。

また「ブリヂストン イノベーション パーク」では、従業員一人ひとりが、いつでも、どこでも、誰とでも多様な働き方を自由にデザインできるABW(Activity Based Working)を取り入れている。そして、一人ひとりがより熱意をもって積極的に働き、自らの成長と幸せを企業としての成長の両立を目指し、自主性を尊重する組織風土の変革にも取り組んでいるという点でも新しい企業のアプローチということができる。

ブリヂストン イノベーション ギャラリー:https://www.bridgestone.co.jp/corporate/innovation_gallery/

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る