ブリヂストン サーキットタイムを縮めるハイグリップスポーツタイヤ「ポテンザRE-07D」をマイナーチェンジ

ブリヂストンは2021年1月29日、サーキットでのラップタイム短縮を追求した「ポテンザ RE-07D」をマイナーチェンジし、2月1日より発売します。

「ポテンザRE-07D」は、ユーザーからのフィードバックを元に、さまざまなレース環境下でもラップタイムを短縮することを目指して開発したタイヤで、今回のマイナーチェンジでは、従来タイヤの技術を踏襲しつつ、内部構造を最適化することでドライ性能やウェット性能をより高次元でバランスさせています。

なお「ポテンザRE-07D」は、注目度の高い国内最大級ワンメイクレース「GAZOOレーシング 86/BRZレース」における「プロフェッショナルシリーズ」の競技規定を満たしており、使用できます。

ポテンザ RE-07D概要

サイズ:205/55R16 91V
希望小売価格:3万7400円(税込み)
発売日:2月1日

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストンタイヤ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る