ボルグワーナー 中国のメーカーに電動車用のユニットを供給

グローバル・サプライヤーのボルグワーナーは2021年8月5日、同社製のインテグレーテッド・ドライブ・モジュール「iDM220」を、高級NEV(新エネルギー車)を手がける中国大手ブランド企業向けに供給すると発表しました。

機電統合ユニット「iDM220」

ボルグワーナーのiDM220はすでに韓国自動車メーカーへの供給決定に続き、今回は中国における取り引きも開始します。中国での生産開始は2023年の第1四半期が予定され、中国とは初の展開となっています。

モーター駆動統合ユニット「iDM220」

ボルグワーナーが設計、開発、製造するiDM220は高性能な統合電動駆動システムです。動作電圧は400Vで、今後生産されると予想される新たな市場ニーズにも対応可能な上、パフォーマンス面でのアップグレードも可能となっています。

高効率モーターコントローラー技術、実績のあるヘアピン巻線ステータ技術、高度なトランスミッション・システムをスケーラブルかつコンパクトなひとつのパッケージに格納しており、電気駆動システムに最適なパッケージとなっています。

駆動輪となる後輪にマウントされるiDM220は、最大250kW(340ps)の出力と5000Nmのトルクを発生。一体化された構造、高効率、滑らかで静かな動作を提供すると同時に、ヘアピン巻線ステータ・モーター技術により高い動力性能を発揮し、極めて高機能な電動駆動用ユニットといえます。

iDMは、外径220mmとコンパクトなステーターを備えた電気モーターを採用しており、さらにはギアボックスおよびシリコンベースの400V級インバーターとの一体構造となっているため、システム全体の大幅な軽量化と小型化を実現しています。

iDMの各コンポーネントは、全てボルグワーナー内製で、完全に一体化されたモジュール構造になっており、中国の新エネルギー車(NEV)用のソリューションとしてフレキシブルに対応が可能となっています。

ボルグワーナー・パワードライブシステムズの社長兼事業本部長のステファン・デメール博士は、「中国を代表する高級NEVブランドに、業界をリードするiDMを提供することにより、同社との長年のパートナーシップをさらに拡大できたことを嬉しく思います。新型iDMは、弊社が顧客に提供するスマートで革新的な、将来性のあるモビリティソリューションの動力源になることが想定されています。カーボンニュートラルの実現という状況下でiDM220のようなクリーンかつパワフルなソリューションを開発し続け、環境に優しい未来に向けて顧客の皆様とより一層継ぎ目なく連携して行きます」と語っています。

高電圧クーラントヒーター「HVCH」

ボルグワーナー社は、同じく中国において江吉利控股集団有限公司(ジーリー)傘下のZEEKRインテリジェント・テクノロジー社(ZEEKR Intelligent TechnologyCo.,Ltd.)とパートナーシップを締結したことも発表しました。先進的な高電圧クーラントヒーター(HVCH)をZEEKRブランドの新型EVセダン「ZEEKR001」用として供給します。このHVCHを搭載した新型「ZEEKR001」は、2021年後半に生産が開始される予定です。

クーラントヒーター「HVCH」

内燃エンジンを搭載しないEVはもちろん、ハイブリッド車(HEV)でも内燃エンジンが停止する時間が長いため、熱管理は独自のソリューションが求められ、この要求を満たすべくHVCHが開発されています。

HVCHはバッテリーパックやそれを構成するセルの温度をより安定させることで、EVやHEVに使用されるバッテリーのエネルギー性能を向上させることができます。同時に、すばやく室内温度を調整できるため、ドライバー、乗員はより快適になります。また、HVCHは熱出力密度が高く、小さい熱質量のおかげで反応速度が速くなるため、バッテリーの電力消費量が減少し、航続距離を延ばすことができます。

HVCHは、最新の厚膜エレメント(TFE)テクノロジーを採用。出力損失が最小限になるようHVCHの発熱体はクーラントに浸してあり、急速に熱を発生させる高性能なシステムです。

HVCHには、シングルプレートとデュアルプレートの2仕様があり、どちらも電磁シールド性の高い堅牢なアルミニウム・ハウジングに組み込まれています。HVCHは、供給電圧が180~800Vのシステムに適合し、出力レンジは3kW~10kWです。もし何らかの異常が発生した場合は自動的にシャットダウンされるため、オーバーヒートの心配がありません。

ボルグワーナーのエミッション/サーマル/ターボシステムズの社長兼事業本部長のジョー・ファドゥールは、「1つのデバイスで2つの問題を解決できる革新的なヒーター技術をZEEKR001に供給することをうれしく思います。当社の高電圧クーラントヒーターは、バッテリー温度を最適レベルに制御することにより、航続距離を延ばし、室内環境を理想的な状態に保ち、乗員が快適に過ごせるようになります。当社の高性能バッテリーや室内ヒーターシステムの豊富なラインアップは世界中の自動車メーカーに認められており、クリーンなモビリティを求める最新のトレンドを満たすのに貢献しています」と語っています。

ボルグワーナー 関連記事
ボルグワーナー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る