アイシン 電動パーソナルモビリティ「ILY-Ai」をリース販売開始

アイシンは2020年3月6日、電動パーソナルモビリティ「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」の事業化を開始すると発表した。

概要

1名乗車で施設内などを移動するためのワン・マイル用電動モビリティ「ILY-Ai」は、2015年3月に初代モデルを発表以来改良を重ね、開発・評価を行なってきた。そして事業化の第1弾として、3月7日からトヨタオートモールクリエイトが運営するショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」(岐阜県・岐阜市)に有償でのリース提供を行なう。

「ILY-Ai」は、大型商業施設内でのショッピング、買い物時に自走式カートとして利用したり、子供と一緒に乗ったりと、ユーザーの様々な用途に合わせて利用することができる商業施設特化型のパーソナルモビリティで、買い物かごなども装備している。

これまで、カラフルタウン岐阜では、2019年7月から実証実験として「ILY-Ai」の貸し出しを行なっており、土曜・日曜日には平均約30名/日の来店客が乗車しているという。来店客やカラフルタウン岐阜からのショッピングセンター側の要望、そして意見を取り入れて利便性、安全性を一層高めることで事業化となった。

ショッピングセンター仕様で、買い物かごを装備

事業形態としてはショッピングセンターへのリースとなり、一般の来店客は利用会員登録をすれば、無料でレンタルされる。

今回のカラフルタウン岐阜での事業開始を皮切りに、全国の様々な商業施設への導入に向けて取り組みを進めて行くとしている。

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

アイシン 関連情報
アイシン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る