レヴォーグ

【リコール】スバル 5車種の低圧燃料ポンプに不具合

スバルは2021年7月29日、先代レヴォーグ、BRZ/86、フォレスター、WRXの5車種の低圧燃料ポンプに不具合があるとしてリコールを届け出ました。 この不具合は72件の市場からの報告によるものです。...

スバル 衝突実験の映像に見るリヤ・シートベルトの重要性

スバルは2020年度の「自動車事故対策機構(NASVA)」による安全性評価(JNCAP)で、試験を受けた6車の中で最高得点を獲得し、「ファイブスター大賞」を受賞した。 [caption id="att...

自動車安全評価2020で「レヴォーグ」が最高得点を記録

国交省と独立行政法人「自動車事故対策機構」(NASVA)は、2021年5月25日、2020年度に実施した「自動車アセスメント」の結果を発表し、最高評価にあたる「ファイブスター賞」は6車種が獲得し、スバ...

【リコール】スバル「レヴォーグ」アイサイトの衝突被害軽減ブレーキ制御に不具合

スバルは2021年4月1日、レヴォーグが装備するアイサイトの衝突被害軽減ブレーキの制御プログラムが不適切なためリコールを届け出ました。 この不具合は市場での34件の報告により発見されたもので、アイサイ...

スバル レヴォーグSTIスポーツEX試乗 ボクサーサウンドが聞きたい(1.8Lターボ+CVT AWD)

スバル レヴォーグはこれまで当サイトでも多くの情報をお伝えしてきた。クルマづくりが一変し、欧州車と同様の製造方法のインナーフレーム構造になり、すべての面で大幅なレベルアップが図られたとお伝えしてきた。...

【リコール】スバル「レヴォーグ」の電動ブレーキブースターに不具合

スバルは2021年3月5日、レヴォーグの電動ブレーキブースターに不具合があるとしてリコールを届け出ました。 この不具合は市場からの45件の報告によるもので、電動ブレーキブースターの内部構成部品である回...

今後登場する注目の自動運転と技術をピックアップ

この記事は2020年8月に有料配信されたメルマガを無料公開したものです。 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自動車の開発、生産、販売に大きなダメージを与えている。しかし、それでも新型車の...

スバル新型レヴォーグの注目すべき技術チェック! ボディ・シャシー編 3/3

この記事は2020年9月に有料配信した記事を無料公開したものです。 スバルの新型レヴォーグはプロトタイプが公開され、大きな注目を浴びている。10月の正式発売に向け、すでに受注も開始され、現時点で注文し...

スバル新型レヴォーグの注目すべき技術チェック!エンジン編 2/3

この記事は2020年9月4日に有料配信したものを無料公開したものです。 スバルの新型レヴォーグは大きな注目を浴びている。この新型に投入された新技術は多種多様ですべての詳細情報が公表されているわけではな...

スバル新型レヴォーグの注目すべき技術チェック! 1/3

この記事は2020年8月に有料配信したものを無料配信したものです スバルは2020年8月20日に、新型レヴォーグのプロトタイプを公表した。この時点では型式認証を取得できておらず、ナンバープレートは取得...

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーは「レヴォーグ」に決定

「2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が2020年12月7日にオンライン開催され、スバル「レヴォーグ」が受賞しました。 ノミネート車両は2019年11月1日〜2020年10月30...

スバル新型「レヴォーグ」を正式発表 年内納車開始

スバルは2020年10月15日、成田にある日本航空の格納庫Aハンガーで新型レヴォーグのオンライン発表会を開催しました。 [caption id="attachment_194897" align="a...

SUBARUレヴォーグ試乗記 最強のグランドツアラーを目指し(1.8Lターボ+CVT AWD)

新型レヴォーグの正式発表前ということで、クローズドコースの千葉県袖ヶ浦フォレストレースウエイで試乗する機会があった。 試乗したのは、プロトタイプのSTIグレードとGT-H、それと比較用の現行レヴォーグ...

新型レヴォーグの衝突安全性能の向上詳細

新型レヴォーグはすべてが新しく、超革新的進化を遂げている。これまでオートプルーブではインナーフレーム構造やシャシー性能、そしてアイサイトXのデモ走行、サーキットでのダイナミック性能テストとレポートをし...

スバル新型レヴォーグはこうして造られている ボディ サスペンション解説

新型レヴォーグへの興味はどこにあるか、人それぞれで興味深いポイントは異なると思うが、今回は地味だけど製品クオリティのレベルアップに大きく貢献している技術を中心にお伝えしよう。新型レヴォーグは2020年...

スバル新型レヴォーグはこうして造られている アイサイトXとCB18型エンジン解説

2020年8月20日の本日から先行予約が開始され、10月15日(木)に正式発表される新型レヴォーグの詳細がわかってきた。すべてがフルリニューアルされた新型として開発され、レガシィで培ったグランドツーリ...

スバル新型レヴォーグはこうして造られている 概要

2019年10月23日東京モーターショー2019で新型レヴォーグが世界初披露され、2020年1月10日の東京オートサロンで新型レヴォーグSTIスポーツ・プロトタイプが発表された。そして2020年8月2...

スバル新型レヴォーグ プロトタイプ ハンドリングテスト試乗記

先行予約が始まった新型スバル レヴォーグに、一足早くテストコースでプロトタイプを試乗してきた。簡易なテストコースでハンドリングのテストができたので早速お伝えしよう。 試乗コースはパイロンで仕切った特設...

スバル新型レヴォーグ アイサイトXに試乗

スバル新型レヴォーグのプロトタイプのお披露目があり、その全てがフルリニューアルされていることに驚かされた。とても1記事でその内容をお伝えできないので、まずは8月2日茨城県の(財)日本自動車研究所のテス...

スバル 「レヴォーグ」の変遷 シリーズ6 レヴォーグ初のレカロを設定 2019年型(Fタイプ)

Fタイプ(2019年モデル) スバル レヴォーグは2019年6月に年次改良が行なわれ、Fタイプ、つまり最終モデルとなり最も熟成されたモデルといってもよい。この年次改良ではハイビームアシストが作動する車...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る