スバル レヴォーグの電子制御ダンパープログラムがアップデート可能に

 スバルは2023年1月13日、レヴォーグ「STI Sport」、「STI Sport EX」、「STI Sport R」、「STI Sport R EX」グレードが装備しているZF社製の連続可変式の電子制御ダンパーの制御プログラムのアップデートサービス「SUBARU Active Damper e-Tune」を発表した。

「SUBARU Active Damper e-Tune」は、「ドライブモードセレクト」の「Comfort」と「Sport+」のサスペンションの減衰力特性の違いをより明確化するため、ZFグループと共同開発して採用されることになった電子制御プログラムのアップデートサービスだ。電子制御ダンパーの制御プログラムをアップデートすることで、標準仕様に対し「Comfort」ではさらにリラックスしてゆったりと乗ることができ、「Sport+」ではさらに操縦安定性を高め、よりスポーティな走りを生み出すことができる。

なお実施作業はECUのプログラム・データの一部書き換えであり、純正診断装置(スバル・セレクトモニター)を接続してプログラム・データの上書き更新を行なう方式と推測できる。

レヴォーグの電子制御ダンパー装備グレードは、スイッチでクルマの走りのキャラクターを切り替え、スポーツカーのような走行特性から、高級車のようなしなやかな乗り心地を重視したモードまでを選択できる「ドライブモードセレクト」が搭載されている。

パワーユニットだけでなく、AWDシステムやサスペンション、パワーステアリング、アイサイトの追従加速度、エアコンに至るまで、さまざまなデバイスを緻密に統合制御することで、クルマのキャラクターを大きく変化させるシステムだ。

あらかじめ設定された「Comfort」、「Normal」、「Sport」、「Sport+」の4つのモードに加えて、各デバイスの設定を自由にカスタマイズできる「Individual」モードも選択できる。

この「ドライブモードセレクト」の中で、電子制御ダンパーは荒れた路面や段差では、揺れを最小限に抑えた快適な乗り心地を、加減速時やコーナリング時には、車体のロールを抑えたスポーティな走りを実現しながら、減衰力特性の異なる「Comfort」、「Normal」、「Sport」の3つから選択されるようになっている。

SUBARU Active Damper e-Tune 概要

・今春にディーラーオプションとして発売予定
・予価:約4万円(工賃含/税別)

スバル レヴォーグ 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る