2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー「日産ノート」に決定

「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が2021年12月10日オンラインで開催された。

60名の選考委員が投票し「日本カー・オブ・ザ・イヤー」には335点を獲得した日産 ノート/ノート オーラ/ノート オーラ NISMO/ノート AUTECH CROSSOVERが選ばれた。なお日産の受賞は2011年の「リーフ」以来、10年振りだ。

投票数2位は264点を獲得したGR86/BRZ。3位は227点のホンダ ヴェゼルだった。

また「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は、フォルクスワーゲン ゴルフ/ゴルフ ヴァリアントに決定した。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したゴルフ/ゴルフ ヴァリアント

これ以外の賞では、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」はBMW 4シリーズ、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」はPHEV技術などが評価された三菱 アウトランダー、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」はシボレー コルベットが獲得した。

また「K CAR オブ・ザ・イヤー」にはホンダ N-ONEが選ばれた。

日本カー・オブ・ザ・イヤー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る