【筑波のりもの共和国2012】レポート 日本のグッドウッドを目指す第一回のりもの共和国開催

●開催内容

8月4日(土)コース1000でキャンプ:50名参加

8月5日(日)筑波サーキット全施設を舞台に2輪&4輪イベント、ステージショー等を開催:約3000名参集

 

●イベント概要

そもそも、ことの発端は実行委員長である清水猛彦(モーターマガジン社)が感じた、危機感と期待感であった。「若者のクルマ離れ」という言葉に代表される、クルマへのあこがれや情熱の低迷に、長年自動車メディアに携わってきた清水は心を痛めていた。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る