【リコール】トヨタ「ヤリス」「ヤリスクロス」に不具合

トヨタは2020年12月16日、「ヤリス ハイブリッド」、「ヤリスクロス」に不具合があるとしてリコールを届け出ました。

ヤリス ハイブリッドは、ハイブリッド用トランスアクスルのインプットダンパー部の防錆オイル塗布が不適切であったため、ダンパーの動力伝達部に付着したものがあるというものです。そのため、急加速の際に、ダンパーに異常な滑りが生じて警告灯が点灯し、最悪の場合はハイブリッドシステムが停止する恐れがあります。なお、この不具合は74件の市場からの報告によるものです。

対策としては該当車両のインプットダンパーを交換することになります。

ヤリスクロスの不具合は社内からの情報によるもので、ヤリスクロスのリヤシートの中央座席の金属製ブラケットの加工が不適切であったため、衝突時の衝撃により鋭利な端部でシートベルトが損傷する場合があるというものです。そのため、最悪の場合にはシートベルトが破断し、乗員を拘束できなくなる恐れがあります。

対策は該当車両の、シートベルトアンカーブラケットに保護材を追加することになります。

今回のリコールに該当する車両は、2019年12月~2020年10月の間に製造されたヤリス ハイブリッド、ヤリスクロスで、合計4万5373台です。

トヨタ ヤリス 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る