新型「ヤリス」「フィット」は世界で通用するか!?

この記事は2020年3月に有料配信した記事を無料公開したものです

2020年2月にトヨタ「ヤリス」、ホンダ「フィット」がフルモデルチェンジし相次いで発売された。フィットは本来、2019年12月の発売予定でヤリスより先行するはずだったが、リヤ電動パーキングブレーキの部品不具合により予定より遅れての発売となった。

Bセグメントとは

言うまでもなく、この2台ともにグローバル市場で戦うBセグメントカーだ。中国、アメリカという2大市場ではBセグメントカーは小さすぎるとして主流にはならないが、ヨーロッパでは最も販売台数の多いカテゴリーである。

日本でも本来なら主力モデルとなってもおかしくないが、日本では軽自動車の存在が強固で、新車販売の40%を占め、その牙城を崩すことは難しい。さらに、2019年に発売されたAセグメントのクロスオーバー・モデルのロッキー/ライズが、巧みなパッケージングと仕上げのよさで最近では珍しいほどのヒット作となり、Bセグメントのハッチバックは押され気味になっている。

フォルクスワーゲン・ポロ

Bセグメントの本場、ヨーロッパでのトレンドは、セグメントの下剋上が激しい。その先駆けとなったのは、2009年に登場した5代目フォルクスワーゲン・ポロで、現在のMQBプラットフォームの先行プラットフォームを採用し、ダイナミック性能、乗り心地、静粛性、利便性などで従来のBセグメントの常識をくつ返し、より上級のCセグメントを脅かす存在となった。

ポロのパッケージングOptimised package due to Modular Transvers Kit MQB.

この大幅なレベルアップが、その後のBセグメントカーのベンチマークとなり、他メーカーの後続するBセグメントカーは、さらにそれの上を狙って新技術を投入し、開発を行ない、その開発競争は激しい。

今回ニューモデルとして登場したヤリス、フィットは、ともにグローバルカーとしての基幹車種であることは確かで、今回のニューモデルは世界に通用するクルマとして開発されている。

一方で、日本に限ってみれば、過去はトヨタの同じBセグメントのアクアとホンダ・フィットの熾烈な燃費競争も記憶に新しい。先代のフィットはアクアの燃費35.4km/Lを上回るための最軽量グレードをベースに燃料タンクの小型化やアルミボンネットを採用し軽量化した燃費スペシャル・モデルを設定し、燃費36.4km/Lを達成している。ホンダにとってフィットはそれだけこだわりのあるモデルということだ。

ヤリスの狙い

トヨタはBセグメントでは燃費最重視モデルの日本市場向けにアクア・ハイブリッド、多人数乗員のシエンタ、そしてヨーロッパ市場を重視するヴィッツ/ヤリス、そしてこのあとに登場するヤリスのTNGA−Bプラットフォームとパワトレーンを流用するクロスオーバーSUV(ヤリスクロス)という具合に、多車種展開している。

そのため、今回のヤリスは日本、ヨーロッパなど先進国市場向けのBセグメント・ハッチバックと位置づけ、特にヨーロッパにおいてダイナミック性能やハンドリング性能の不足で退屈なクルマいう評価を覆すために開発されている。その開発目標・性能は、MQBプラットフォームを採用した現行のフォルクスワーゲン・ポロであることはいうまでもない。

そのため、最新のTNGA-Bプラットフォームを採用し、パワートレーンも一新。ダイナミック感のあるデザインを追求し、さらに操縦安定性など走りは大幅にレベルアップしている。ただ、ポロと違って、本来はより機能的であるべきBセグメントながら、新型ヤリスはリヤシートの足元スペースを従来モデルより削り、いわばフロントシート優先に割り切っているところが特長といえる。

トヨタとしてはキャビンのスペースやリヤ席の居住性は、後続するSUVモデルで挽回するという作戦だ。このあたりはマツダ3とCX-30の関係によく似ている。

また、ヤリスは日本仕様は営業的な観点から5ナンバー枠の全幅1696mmのボディサイズとし、日本以外では全幅1745mmでグローバルBセグメント・サイズとしている。

パワートレーンは、自然吸気3気筒1.0L、新開発のダイナミックフォース・エンジンとして自然吸気・3気筒1.5L、そしてそのエンジンをハイブリッド専用にチューニングした1.5L+ハイブリッドをラインアップ。

新開発の1.5Lエンジンは120ps/145Nm で、最高熱効率40%を達成している。マツダのスカイアクティブG 1.5 Lエンジンに比べパワー、トルクも上回る。また、フォルクスワーゲン・ポロの1.5TSIエンジンはターボのため、150ps/250Nmで参考にならない。一方、ヤリスのハイブリッドは、世界トップの燃費を目指し、WLTCモードで36.0km/Lという低燃費を達成している。

トヨタ ヤリス 諸元表


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る