トヨタ「GR86」を正式発売

トヨタGAZOOレーシングは2021年10月28日、新型「GR86」を全国のGR Garageをはじめとするトヨタ車両販売店通じて発売を開始した。

販売店での発表会は12月11日~12日の予定だ。また新型GR86はサブスクリプションサービス「KINTO」でも10月28日から取り扱い開始している。KINTOとして初めて、車両のカスタマイズを可能とし、月額2万1450円(税込み)からご利用できるようになっているのもトピックだ。

GR86は、スバルの「BRZ」とクルマのベースを共有しながらも、GAZOOレーシングとして、ドライバーの意のままに操れる手の内感、限界域でのリニアな応答、キビキビした走りなどGRらしい走りの味を持たせるために、スプリング、ダンパー、スタビライザーのセッティング、さらにはハブキャリアやリヤのスタビライザーの取り付けを旧型同様とした点や補強バーをあえて取り外すなど独自のチューニングを行なっているのが特長だ。

デザイン面では、フロントグリルはGRブランド専用の「ファンクショナル マトリックス グリル」を採用。また、車名が従来の「86」から「GR86」へ変更されているため車名ロゴを一新している。

インテリアでは、メーターパネルにボクサーメーター(7インチカラー+LCD液晶メーター)を採用。水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションを採用している。

メーター表示は走行モード別に変化し、ノーマルモードでは円形のタコメーター内にスピードを大きく表示し、スポーツモード(ATのみ)ではタコゲージの先端やリングが赤色に、トラックモードではレーシングカーのメーターのように回転数などを大きく表示するようになっている。

フロントシートは、体をホールドする部分を独立したパッド形状とし軽量なシートに。さらにスポーツ走行による前後左右Gにも耐えうるようグリップ性に優れた素材をシート表皮に採用し、レッドのアクセントカラーを採用している。

また、ATモデルにはスバル・アイサイトを標準装備している。

なおGR86は、カスタマイズパーツ「GR PARTS」を多数ラインアップしており、車両購入後もクルマをドレスアップや機能向上を楽しむことができるようになっている。

GRパーツ一覧WEBサイト:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/gr86/gr_performance_parts/

価格

特別試乗会も開催

なお今回の発売にあたり、トヨタGAZOOレーシングは11月21日に開催される富士スピードウェイ主催の「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021(86Style)」に出展する。イベントでは、86ファンにいち早くGR86を試乗できるだけでなく、スバルBRZと乗り比べできる希少なコンテンツが用意されている。

なお、イベントの様子をトヨタGAZOOレーシング公式YouTubeチャンネルでライブ配信されることになっている。

日時:2021年11月21日
会場:富士スピードウェイ
協賛:トヨタ スバル
詳細:https://www.fsw.tv/freeinfo/045799.html(参加申し込み含む)

トヨタGAZOOレーシング公式Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCCtALHup92q5xIFb7n9UXVg

トヨタ GAZOOレーシング 関連記事
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る