トヨタ SUBARUと共同開発の「GR86」を初公開 2021年秋発売予定

トヨタは2021年4月5日、スバルと共同のオンラインイベントで新型「GR86」を発表しました。最初の注目点は、従来の「トヨタ86」が今回から「GR86」に車名が変更されていることです。つまり今回のニューモデルから、これまでのトヨタからGAZOOレーシングにバトンタッチされ、GAZOOレーシングのブランドとしてスープラ、ヤリスと並んでスポーツモデルの第3弾としてラインアップされたことになります。

2012年に発売されたトヨタ86の2代目として、新型GR86は、初代モデルと同様にスバルとの共同開発したモデルで、デザインは群馬のデザインセンターで行なわれ、設計、開発、生産もスバルが担当しています。

GR 86関連情報
スバル BRZ関連情報

デザイン面では、フロントバンパーを含むフロントマスクは、GRブランドとの整合性を図ってスクエアなメッシュグリル(ファンクショナル・マトリックス・グリル)を採用し、インテリアはトリムカラーをGRテイストとしています。またボディのアウターパネルやヘッドライト、リヤランプなどはスバルのBRZと共通化されており、ヘッドライトでは、GR86はL字形のLEDシグネチャーランプ、BRZはC字形のLEDシグネチャーランプとしています。

シャシーのチューニングは、量産プロトタイプを試乗した豊田章男社長の指示で、よりGRモデルとしての特長を打ち出すために、急遽スプリングレート、ダンパー減衰威力を高める方向に変更し、荷重移動速度を高めることでより俊敏さ、クイックさを強調する仕様となっています。

この他に、スロットルもGR86の方が早開きの特性とし、動き出しでのダイナミックさを強調し、GRモデルとしての独自性をアピールしています。

インテリアは、水平基調のインスツルメントパネルのデザインとし、ブラックを基調にしながらレッドのアクセントを採用し、シルバーをアクセントとするBRZとの相違点となっています。

メーターパネルは、フル液晶式を新採用し、表示されるグラフィックはGR独自のデザインとなっています。

搭載されるエンジンは2.4LのFA24型水平対向4気筒で、燃料噴射は従来と同様のD-4S(直噴・ポート噴射併用)タイプとなっています。

ボア・ストロークは94mm×86mmと近年では珍しいオーバースクエアのスポーツ・エンジンです。出力は235ps/250Nmを発生。400ccの排気量アップにより従来より出力は28ps、38Nm向上し、さらに最大トルク発生回転数が従来の6400rpmから3700rpmと常用域まで下げられたことで動力性能は向上。0-100km/h加速性能は従来の7.4秒から6.3秒に短縮され、グローバルレベルの、特にアメリカ市場などでの動力性能向上の要求に応えています。

なお、ボディサイズは全長が25mm長くなっていますが全幅は変更なく、全高は10mダウン、ホイールベースは5mm延長されています。車両重量は1275kg(6速MT)です。ボディ剛性はねじり剛性が50%高められるなど、きわめて高剛性でボディの質感も高められています。

その他ではATモデルにはアイサイトが装備されています。

なおGR86,スバルBRZともに現時点では型式指定を取得できていないため、今回発表の写真、諸元はプロトタイプとされています。

諸元表

トヨタ 86 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


ページのトップに戻る