トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」兄弟車の誕生 共同開発の背景を探る

この記事は2018年12月に有料配信したものを無料公開したものです。
メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円
*写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン

2018年8月23日に開催されたたペブルビーチ・コンクールデレガンス(アメリカ)でBMWはG29型Z4の初披露を行ない、10月4日のパリ・モーターショーで正式発表された。周知のように、このZ4とトヨタ スープラは共同開発された兄弟車だ。

コンバーチブルモデルとして発売されるBMW Z4(G29型)
コンバーチブルモデルとして発売されるBMW Z4(G29型)

BMW Z4はマグナ・シュタイヤー社のオーストリア・グラーツ工場で2018年の年末から生産が開始され、2019年3月に発売される。そして6月末まではオレンジカラーの「Z4 M40i ファーストエディション」を販売すると発表した。

17年を経てスープラ復活

トヨタ スープラは、このBMWのG29型Z4と共同開発されたスポーツカーで、市販段階では「A90型」と呼ばれることになる。カモフラージュ塗装されたプロトタイプ車には「A90」の文字も各所に散りばめられていた。

2002年に生産を終了したA80型スープラ
2002年に生産を終了したA80型スープラ

スープラという車名とA90という型式は、日本では1986年に発売されたA70 型、1993年~2002年に発売されたA80型の後継車であることを意味している。スープラという車名は、正確には1978年に発売されたセリカXXのアメリカ仕様から使用されており、アメリカ市場では新登場のA90型は5代目、日本市場では3代目ということになる。

A90型スープラは17年振りに復活するわけだが、かつてのスープラは5座席、A80型からは4座席のGTカーであったのに比べ、新型A90型は2座席のFRスポーツカーとして登場し、過去のモデルよりスポーツ性能を強く前面に打ち出しているのが特長だ。

A90型スープラの源流は、2007年にニューヨーク国際モーターショーに出展された「FT-HS」((Future Toyota-Hybrid Sport))に遡ることができる。この時点ではA80型スープラの後継モデルとされ、400psを発生する3.5L V6エンジン+ハイブリッドのパワーユニットを搭載していた。

一方、2007年には2.0Lのスポーツクーペ「トヨタ86/スバルBRZ」の企画が正式に承認され、2社による共同開発がスタート。4年という開発期間を経て「トヨタ86/スバルBRZ」は2012年春に発売された。トヨタはこの開発にスポーツ車両開発部(当時の呼称)の人材が投入されていたことと、2008年秋にリーマン・ショックが発生して世界の金融恐慌をもたらし、自動車メーカーにも大きなダメージを与えたため、「FT-HS」の企画は頓挫した。

だが、「トヨタ86/スバルBRZ」の発売を迎えた時期に、ちょうどトヨタはBMWとの技術提携の交渉を開始しており、2012年1月にトヨタ、BMWの協業の正式契約の調印が行なわれるに至った。この協業にはスポーツカーの開発が含まれており、調印と同時に新たなスポーツカー開発のプロジェクトは動き始めたのだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る