トヨタ、電動車とEV・FCVの販売に関する具体的な年次、台数の目標を発表

トヨタ自動車は、「持続可能な社会の実現への貢献」と「お客様の笑顔のためのモビリティの提供」を目指し、「もっといいクルマ」「いい町・いい社会」づくりに取り組んでいる。これらの具現化に向け、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)といった電動車の開発・展開を軸とした、2020年代〜2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表した。


ページのトップに戻る