トヨタ自動車、燃料電池スタックと高圧水素タンク生産設備を拡充

トヨタ自動車は、現状年間3000台レベルからひと桁増となる生産レベルに対応するために、FCVの基幹ユニットとなる燃料電池スタック(FCスタック)と燃料の水素を貯蔵する高圧水素タンクの生産設備を拡充する。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る