トヨタ ハイエース一部改良 パーキングサポートブレーキを標準装備化

トヨタは2022年4月13日、ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)シリーズを一部改良して発売した。

今回の改良は、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を標準装備化し、政府のサポカー対象車としている。

またディーゼルエンジン車は燃費を向上し、「平成27年度燃費基準+15%達成」と合わせ、エコカー減税対象となっている。

その他ではスーパーGL(バン)とGL(ワゴン)に標準装備のフロントフォグランプをLED化している。

もちろん福祉車両のウェルキャブ、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様に改良を受けている。

価格

ハイエース・シリーズ:239万2100円〜419万600円(税込み)

トヨタ ハイエース 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る