トヨタ「ハリアー」PHEV新設定!既存モデルも一部改良で安全性向上

トヨタは2022年9月26日、クロスオーバーSUV「ハリアー」を一部改良するとともに、新たにPHEV搭載車を新設定した。ガソリン車、ハイブリッド車は、10月4日、PHEV車は10月31日に発売する。

ハリアー Z PHEV

今回の一部改良では、プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全モデルに標準装備としている。

ハリアー Z PHEVのインテリア

その他にコネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオをZグレードに採用。12.3インチの大画面ディスプレイを設定したほか、車載ナビをZグレードに標準装備。クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」を新採用。また12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイをZグレードに採用している。

12.3インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus

今回から新設定されるPHEVモデルは、アメリカ市場では既に販売されており、ようやく日本市場にも投入されることになった。Zグレードをベースに18.1kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載している。

エクステリアは専用のフロントグリルなどを採用。専用ボディ色グレーメタリックを含む4色を設定。各所にブラック塗装を施したほか、内装にはインストルメントパネルからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントを採用している。

また最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備している。

搭載されるエンジンは2.5LのA25A-FXS型(177ps)で、フロント・モーターは182ps、E-Fourを構成するリヤ・モーターは54psを発生。システム総合出力は306psとなっている。

価格

ハリアー・シリーズ:312万8000円〜
PHEVモデル:620万円(税込)

トヨタ ハリアー 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る