トヨタ「bZ4X」の価格を発表 サブスクのみで月額8万円台から

トヨタの新型BEV「bZ4X」は、個人向けはサブスクリプション・サービスのKINTOでのみ購入できシステムだが、5月12日の提供開始するにあたり、トヨタ、KINTOはその月額利用料を発表した。

5月12日当日は、正午よりからWEBサイトまたは販売店を通じて、年内を目途に納車する分として3000台の申込みの受け付けを開始する。

KINTOの「bZ4X専用プラン」では、KINTOの通常のプランで月額利用料に含めている自動車保険や自動車税、車検代、メンテナンス代などの諸経費に加えて、契約期間中の電池性能(10年20万km/電池容量70%)の保証、コネクティッドサービス(クルマの状態を見守る「コネクティッドカーケア」など)の利用にかかる費用が月額に含められている。

月額利用料は、KINTOの「bZ4X専用プラン」で設定している最長10年の契約期間のうち、最初の4年は、CEV(クリーンエネルギー自動車)を購入した際に国から交付される補助金(CEV補助金:bZ4Xの場合は85万円)を適用した場合、8万8220円(税込)からとなっている。なお別途、契約時には77万円(税込)の申込金も必要だ。

もちろん申込者の地域によっては国とは別に地方自治体からも補助金が交付されるケースがあり、例えば東京都の場合は45万円が補助され、これを適用することで、国のCEV補助金85万円+東京都補助金45万となり、月額をさらに減額することも可能。

一方、5年目以降は、「CEV補助金」の適用はなくなるものの、それまでの月額を毎年段階的に引き下げていくことで、ユーザーにとって長く乗れば乗るほど安くなる。また中途解約金もゼロとしている。

いずれにしても、新型「bZ4X」は、初年度生産割り当て台数が少なく、KINTOでのサブスクリプション価格もレクサスRCと同レベルの高価格ゾーンにあり、純粋な個人よりは、法人、自治体向けがメインになると考えられる。

トヨタ KINTO 関連記事
KINTO 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る