トヨタ・モビリティ基金 高齢者の安全運転支援を目的とした実証実験を実施

トヨタ・モビリティ基金とデンソー、東京海上日動、東京大学大学院新領域創成科学研究科は2022年9月6日、高齢者の安全運転支援を目的とした実証実験を愛知県・豊田市で開始すると発表した。ドライブレコーダーから収集した映像等をAIで分析し、安全運転のためのアドバイスを行うAI運転診断システムを活用して、高齢者の事故リスク低減を効果的に実現する方法を検証することになる。

なお、この実証実験は、豊田市の交通死亡事故ゼロを目指した官民連携事業「ジコゼロ大作戦」の一環として実施される。

近年、交通事故の件数は減少しているが、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故の割合は増加傾向にある。2022年5月には、高齢ドライバーの事故対策を盛り込んだ改正道路交通法が施行され、一定の違反歴のある75歳以上のドライバーには、免許更新時に「運転技能検査(実車試験)」が義務付けられている。今後も高齢の免許保有者は増加が見込まれるため、高齢者が事故を起こさず安全に運転するための支援・仕組みづくりが重要な社会課題となっているのだ。

今回の実証実験では、デンソーが開発を進めているAIによる映像解析技術等を活用したAI運転診断システムを利用する。AIがドライバーの挙動から安全運転度を診断し、東京海上日動、東京大学の知見も活用しながら運転行動の改善につなげてもらう仕組みの構築をなう。

デンソーが開発するAI運転診断システムの特徴は、運転中の車内外カメラ映像やセンサーデータを常時ドライブレコーダー内のSDカードに記録して分析。ドライブレコーダーのイベント録画機能を使って衝突時の車内外データを解析するサービスは普及しているが、このシステムでは記録データを全て解析するため、日常のリスクシーンや運転の癖などの潜在的なリスクまで解析が可能なのだ。解析データをもとに、ドライバーにフィードバックを行なうことで行動変容を促進し、リスクに結びつく運転特性の改善や事故の抑制に働きかける。

運転評価&アドバイスの内容は、総合評価の点数やアドバイス、前月の自分の成績との比較、同世代との比較、参加者自身の危険運転の映像、交通ルール違反の回数(75歳以上の場合、免許更新時)、 統計的に事故が多い自宅周りの危険運転の状態・映像の確認などだ。

豊田市での実証実験の内容は、実施時期は2022年10月〜24年4月で、豊田市在住の60歳以上の人(3000名程度)を対象とし、(公財)豊田都市交通研究所が運営を行なう。参加者は、4ヶ月間ドライブレコーダーをつけて運転し、運転データを記録。AIが映像を解析して、毎月参加者に運転診断結果・アドバイスを提供することになっている。

トヨタ・モビリティ基金は、この実証実験を通じて得られた知見を公開し、AI・データ分析技術が高齢者の移動課題解決へ活用されるよう促すとともに、産業界・学術界・医療界等との幅広い連携によってこうした取り組みの実効性を高めるなど、高齢ドライバーの交通安全促進に向けて積極的に取り組んで行くとしている。

トヨタ・モビリティ基金:https://toyotamobilityfoundation.jp/

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る