トヨタ お台場のメガウェブ跡地に次世代アリーナ設立へ

トヨタ、トヨタ不動産、トヨタアルバルク東京は2022年8月29日、東京都江東区のお台場地区にあったトヨタのショールーム施設の「メガウェブ」の跡地に、次世代アリーナを建設する「TOKYO A-ARENA PROJECT」を発表した。

TOKYO A-ARENA PROJECT(トウキョウ A-アリーナ・プロジェクト)は、「可能性にかけていこう」というコンセプトとし、様々なパートナーの協力を得ながら、スポーツ、モビリティや、サスティナビリティなどをメインテーマに、様々な可能性を追求するとしている。

具体的には以下のような内容となっている。まずプロバスケットボール(Bリーグ)1部に所属するアルバルク東京がホームアリーナとして利用するほか、バレーや卓球などの室内競技、アーバンスポーツ、パラスポーツ、eスポーツなどの舞台として、幅広くスポーツの楽しさを訴求し、多様な観戦の楽しみ方の提案や、最新テクノロジーの導入を通じて、次世代スポーツエクスペリエンスの実現を目指すとしている。

また未来型モビリティサービスを導入し、もっと便利になる、楽しくなるを目指し、各企業のサービスや技術とも連携し未来型サービスを展開する。

敷地内に2つのパーク(屋外空間)を設置し、地域の賑わいへの貢献、アリーナ内のゴミ削減のほか、国内のアリーナ初となる、アメリカの建築や都市の環境性能評価システムの認証取得を検討している。青海に「青い海」を取り戻すために、地域、来場者と、リサイクル、リユースなど、持続可能なライフスタイルを提案する場所とする。

TOKYO A-ARENAの所在地は東京都江東区の青海地区だ。敷地面積は2万7000平米で、収容人数は約1万人。2025年秋に開業予定としている。

TOKYO A-ARENA PROJECT特設サイト:https://www.alvark-tokyo.jp/a_arena/

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る