トヨタとスズキがインドで協業強化 スズキ車をトヨタ工場で生産

トヨタとスズキは2022年6月24日、インド市場での協業によりスズキが開発した新型SUVを初めてトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)工場で8月から生産を開始する予定となったことを発表した。

トヨタとスズキは2017年に業務提携をスタートし、それ以後はトヨタが持つ電動化技術と、スズキが持つコンパクトカー技術を持ち寄り、生産領域や電動車の普及についての協業を推進してきている。

そして協業のひとつとしてグローバルでの車両のOEM相互供給を進める中で、今回のトヨタ・キルカロス工場でのスズキ車の生産が決定したのだ。

この新型SUVはトヨタ・キルカロス工場で生産され、インド国内のマルチ・スズキ、トヨタ・キルカロス・モーターでそれぞれのブランド名で販売されることになっている。また、両社共に、アフリカを含めたインド国外への輸出も計画している。

新型SUVのパワートレーンには、スズキが開発したマイルドハイブリッド、トヨタが開発したストロングハイブリッドがそれぞれ設定される。

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る