トヨタ 購入後のクルマをアップグレード「KINTO FACTRY」がスタート

トヨタは2022年1月28日、クルマを購入したユーザーを対象に、販売後の技術進化や経年劣化に合わせたソフトウェア、ハードウェアの機能、アイテムをアップデートを行い、使用中のクルマを最新の状態に進化させるための新サービス「KINTO FACTORY」を開始した。

第一弾として導入されるメニューは、ブレーキをかける際の急激な揺れを抑えてクルマの乗員の快適性を向上させる「なめらかブレーキ」(トヨタ初の機能)や、最新の安全装備の後付けなど、各種のメニューをラインアップ。

なお、このサービスは、対象の車種や施工を対応する店舗を限定してスタートし、ユーザーの利用状況などを踏まえてその内容を順次拡充する。

サービスメニューは、アップグレード、リフォーム、パーソナライズの3種類のカテゴリーがあるが、当初はアップグレード、リフォームからスタートする。対象となる車種をトヨタ、レクサスをあわせて8車種に設定し、施工の対応を東京都内と静岡県浜松市の合わせて29店舗に限定している。

「アップグレード」では、アルファードとヴェルファイアのハイブリッド車用の「なめらかブレーキ」はソフトウェアの書き換えにより実施し、「パーキングサポートブレーキ(静止物)」といった最新の安全装備の後付け、「ハンズフリーパワーバックドア」の後付け(販売済みの新車への後付けは本サービスで初めて可能に)が設定されている。

「リフォーム」は、シート表皮およびクッション部分の取り換え、本革ステアリングホイールへの交換に対応するなどのメニューをそろえている。

KINTO FACTRY 専用サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る