トヨタ GAZOOレーシングの2021年スーパーGTのドライバー体制を発表

トヨタGAZOOレーシングは2021年1月22日、2021年シーズンのスーパーGTに参戦するドライバーを発表しました。

2020年シーズンのスーパーGTは、GT500クラスへ新たに開発したGRスープラを投入し、最後までライバルと熾烈な戦いを繰り広げましたが、僅差でチャンピオン獲得を逃しています。2021年は、ドライバー、チーム一丸となってチャンピオン奪還を目指すシーズンになります。

スーパーGT GT500クラスは、今シーズンもGRスープラGT500で参戦し、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)を通じ、6チーム/6台に支援を行なう体制です。

GT500 チーム&ドライバー

GT300クラスは、プリウスPHVが2台、GRスープラが3台とレクサスRC F GT3が2台、合計6チーム/7台が参戦します。

GT300 チーム&ドライバー

トヨタ GAZOOレーシング 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る