トヨタ「GRモーターオイル」にターボエンジン向けの「Endurance」シリーズを追加

トヨタGAZOOレーシングは2021年1月14日、スポーツ走行で高い性能を発揮するエンジンオイル「GRモーターオイル」に、新たなシリーズの「Endurance(エンデュランス)0W-20」を追加し、1月15日からトヨタ販売店や自動車用品店などで発売しました。

GAROOレーシングのモーターオイルのラインアップ

「GRモーターオイル」は、ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦を通じて得られたレース用オイルの材料技術をベースに、市販車用の高レスポンスのスポーツオイルとして2018年9月に発売されています。

サーキットでの走りを重視した「Circuit」オイル

これまでの「GRモーターオイル」のラインアップは、サーキットでの走りを重視したハイパフォーマンス仕様の「Circuit」と、街乗りやワインディングロードでレスポンスとしっとりとした回転フィーリングを楽しめる「Touring」の2種類があります。

新たにターボエンジンでのスポーツ走行用に開発された「Endurance 0W-20」

今回、新たに追加設定した「Endurance 0W-20」は、GAZOOレーシングが自ら開発し、2020年9月に発売。GRヤリスに搭載されている高出力ターボエンジンに最適なスポーツ走行用オイルです。

今回の開発にあたり、耐久性の確認として約200時間におよぶ高回転での連続高負荷運転によるエンジン耐久試験も実施しています。

従来のCircuit/Touringと同様に最新の高性能ベースオイルやモリブデン化合物を含む摩擦低減剤を採用し、レスポンスを向上させるとともに、粘度指数向上剤(ポリマー)を使わない「ノンポリマー処方」とすることで、サーキットでの長時間連続走行のような、より過酷な状況下でもせん断による粘度低下が少ないオイルとなっています。

高温・高負荷状態を再現する厳しいせん断試験を実施し、その前後での粘度低下率は一般用途として販売されているオイルで8~10%程度のものが多いのに対し、このオイルは2.6%と粘度低下率を大幅に抑制しているのがアピールポイントです。税抜き価格は1万2800円(4L缶)。

GRエアロスタビライジングガラスコート(左側)

また、2021年から開幕するワンメイクレース「ヤリス カップ」専用車を含む0W-16使用推奨車種のスポーツ走行用に最適な「Circuit 0W-16」、塗るだけで帯電防止による操縦性の変化を楽しめる「GRエアロスタビライジングガラスコート」、インジェクタや燃焼室周りのデポジット除去に効果のある「GRインジェクタクリーナー」も1月15日から同時に発売されています。

GRインジェクタクリーナー

トヨタ 関連記事
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る