【動画】トヨタグループ 医療用フェイスシールドの生産を月産4万個レベルまで拡大【新型コロナウイルス】

トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社は、医療用フェイスシールドの生産に本格的に取り組んで おり、トヨタ自動車では、当初 500~600個/週であった生産能力を大幅に引き上げました。

4月27日よりこれまでの約20倍となる月産4万個(約2,000個/日)レベルでの生産を開始し、さらに、 今後月産約7万個(約3,600個/日)レベルまで生産を拡大する予定ということです。また、グループ会社においても同様に生産に着手しており、トヨタ自動車東日本では、自社生産した医療用フェイスシールドを4月20日に宮城県に3,000個を提供したほか、豊田合成、ダイハツ工業、日野自動車においても試作を開始しており、ダイハツ工業、日野自動車は近隣の医療機関への提供を行っています。

加えて豊田自動織機においても、4月29日から月産1万個(約500 個/日)の生産を予定しているほか、トヨタ車体においても5月中旬の生産開始に向けて検討を進めています。

ダイハツ工業グループ会社含むトヨタグループでは、今回の新型コロナウイルス感染症の診断や治療に日夜ご尽力されている医療現 場を支援する取り組みを、「ココロハコブプロジェクト」の一環として位置づけ、医療用フェイスシー ルドの生産に取り組んでおり、今後、グループ各社の事業所が所在する地元医療機関や自治体への提供 を優先的に取り組んでいくとしています。

この「ココロハコブプロジェクト」とは、東日本大震災の時、被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込め、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称ということです。

今回は、新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者に対して、何か貢献できないかとの思いから、「ココロ ハコブプロジェクト」の活動に位置づけたということです。

現時点での各社の主な医療用フェイスシールド生産能力(4 月 28 日現在)
■生産能力
・豊田自動織機 共和工場 約500個/日
・トヨタ自動車 貞宝工場・元町工場 約2,000個/日
・トヨタ自動車東日本 宮城大衡工場 約600個/日

トヨタ関連記事
Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る