トヨタ 燃料電池の白金触媒の挙動をリアルタイムで観察できる手法を開発

「白金微粒子」が、粗大化していくリアルタイムの観察結果。白い点線内は、担体(土台)となるカーボン上で「白金微粒子」が移動して複数が合体し、より大きな 「白金微粒子」になった状態(粗大化)を捉えている
「白金微粒子」が粗大化していくリアルタイムの観察結果。白い点線内は、担体(土台)となるカーボン上で「白金微粒子」が移動してして複数が合体し、より大きな「白金微粒子」になった状態(粗大化)を捉えている

2015年5月18日、トヨタは、一般財団法人 ファインセラミックスセンター(JFCC)と共同で、燃料電池(FC)の化学反応を促進する触媒として不可欠な白金の反応性低下に至る挙動をリアルタイムで観察できる新たな手法を開発したと発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る