【リコール】スズキ「スイフト」のESCプログラムに不具合 衝突の恐れ

スズキは2021年4月22日、「スイフト」のESC制御プログラムで、アダプティブクルーズコントロール使用時のブレーキ制御プログラムに誤りがあるとしてリコールを届け出ました。

この不具合情報は市場からの1件の報告によるもので、ESC(横滑り防止装置)の制御プログラムの中で、アダプティブクルーズコントロール(ACC))使用時のブレーキ制御プログラムに誤りがあるため、先行車へ接近するなどの理由で減速が必要な際に、ESCによるブレーキ制御が働かず減速による車速調整ができないというものです。

そのため最悪の場合、先行車に衝突する恐れがあります。

対策は該当車両のユーザーにACC機能を使用しないよう通知するとともに、ESC制御のプ
ログラムを対策プログラムに書き換えることになります。

該当車両は2020年4月~2021年4月の間に生産されたスイフトで、合計5245台です。

スズキ スイフト 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る