遊びも仕事もこの一台で!スズキの新型軽バン「スペーシア ベース」登場

スズキは2022年8月26日、軽乗用車「スペーシア」をベースに新開発した軽商用バン「スペーシア ベース」の発売を開始した。

新型「スペーシア ベース」は、「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」をコンセプトとし、商用車仕様ならではの積載性や広い荷室空間、使い勝手のよさと、乗用車のデザインや快適性、運転のしやすさを融合した軽自動車のニューモデルだ。

パッケージングは、隙間のないフルフラットなフロア、540mmと低く抑えた荷室開口地上高による使いやすく荷物が出し入れしやすい荷室空間と、スペーシアと同等の乗り降りしやすいシート高や乗り心地のよいフロントシートによる、快適な前席空間を両立させている。

また、全車標準装備のマルチボードを使い、車中泊やワーケーションなど、目的に合わせて室内空間を自由にアレンジすることが大きな特長になっている。

さらに、オーバーヘッドシェルフやリヤクォーターポケット、フロアコンソールトレーなど豊富な収納スペースを設置したほか、自分で自在に棚などを設置できるユーティリティーナットやLEDルームランプ、運転席&助手席シートヒーター、助手席シートバックテーブル、防汚タイプラゲッジフロア、USB電源ソケット(Type-A/Type-C)を採用し、利便性の高い室内空間としている。

デザインは、フロントグリルやドアハンドル、ドアミラー、バックドアガーニッシュなどの加飾をブラックで統一することで重厚感を強調。なお、フロント・マスクはスペーシア カスタムのグリル形状を流用しながらブラック仕上げとし新たな表情を作り上げている。リヤクォーターパネル、専用エンブレムを採用し、一味違った道具感を作り出している。

また、インスツルメントパネルのカラーパネルやリヤクォーターポケットなどのアクセントカラーにグレーイッシュブルーを採用し力強さを表現。

標準モードのシート
シートアレンジ(マルチボード 上段モード)
シートアレンジ(マルチボード 中段モード)
シートアレンジ(マルチボード 下段モード)
シートアレンジ(マルチボード 前後分割モード)

運転席は最適なドライビングポジションに調整可能な運転席シートリフターとチルトステアリングを採用。そして運転席からのアクセスがしやすい後席右側ワンアクションパワースライドドア(XFグレード)を採用。さらに商用としては配送時に便利な予約ロック機能も搭載している。

マルチボード
マルチボード 前後分割モードの使用例

ボディ色は、新色「モスグレーメタリック」をはじめとする全5色のラインアップとなっている。

安全面では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなどを搭載するスズキ セーフティ サポートを全車に標準装備したほか、上級グレードのXFには全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)を採用し、乗用車と同等の運転支援レベルを実現。また、すれ違い支援機能を搭載した全方位モニター用カメラをメーカーオプションとして設定している。さらに、LEDヘッドランプ、LEDフォグランプを全車に標準装備とするなど安全機能を充実させている。

オーバーヘッドシェルフ

搭載エンジンはマイルドハイブリッド非搭載の最もベーシックな自然吸気3気筒のR06A型で、52ps/60Nmを発生する。トランスミッションはCVTとの組み合わせ。駆動はFFモデルと4WDモデルが設定されている。WLTCモード燃費は21.2km/L(4WDは19.9km/L)。

ユーティリティーナットの使用例

なお、スペーシア ベースは商用車仕様のため、乗車定員は2名、補助後席を使用して4名となる。また商用車としての最大積載重量は2名乗車時で200kg、4名乗車時で100kgとなっている。

4ナンバーとなる軽商用車は維持費の点では自動車税が年間5000円(軽乗用車は1万800円)と自動車の中で最も安く、重量税は3300円。自賠責保険料は12ヶ月で1万5050円(軽乗用車は1万3210円)、車検は2年ごとで初回車検のみが軽乗用車より1年短いものの、その後は同等となっている。

スズキは軽商用車としてエブリイ、キャリイをラインアップしているが、これらはフロント・ミッドシップ、リヤ駆動のキャブオーバータイプの本格商用車仕様であるのに対し、今回登場したスペーシア ベースは商用仕様のメリットを生かしつつ限りなく乗用車風に仕上げているのが特長だ。

したがって想定されるのは、配送用以外に、車中泊を楽しむ、屋外でのテレワークなど現在の軽自動車に求められる使い方だ。ちなみに自宅の駐車場でのテレワークや、オートキャンプ場で家電製品を自由に使用できるようにオプションで外部給電ができるようになっている。つまり100V電源を外部から給電できるのでどのような家電でも問題なく使用できるわけだ。

スペーシア ベースはボードを使用することで広いデスク・スペースを確保できるなどテレワークがしやすい工夫がされている。

また人気の車中泊については、大人が寝ることのできるフラット面の前後長はキャブオーバー式のエブリイが最長でその理由で車中泊用途ではエブリイが最適であり、FF駆動ではフロントシートバックからリヤゲートまでの距離はエブリイより短くなるという課題があるが、スペーシア ベースはボードを使用することでフロントシートバックを後ろ倒しし以降をフラットにすることができるように配慮され、大人2名が寝ることが可能になっている。

スペーシア、スペーシア カスタム、スペーシア ギアに続く4機種目のバリエーションとして登場したスペーシア ベースの競合モデルはホンダ N-VANだが、スペーシア ベースにより再び軽商用車のブームが巻き起こるかもしれない。

価格

スズキ スペーシア 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る