スズキ 「ジムニー 5ドア」&新型SUV「フロンクス」インドで発表

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社は、2023年1月11日からインド・デリー近郊で開催されている「Auto Expo 2023」で、新型「ジムニー 5ドア」、新型SUV「フロンクス」の2車種を発表した。

マルチ・スズキは2023年度から「ジムニー5ドア」、「フロンクス」を順次販売を開始する。これによりマルチ・スズキのSUVのラインアップは2モデルから4モデルに拡充し、拡大が見込まれるインドのSUVセグメントでラインアップを拡大している。

また、「ジムニー5ドア」、「フロンクス」はアフリカ、中南米などに輸出する予定のグローバル・モデルという位置付けにもなっている。

ジムニー 5ドア

周知のようにこれまで日本などで販売されているジムニーは3ドア・モデルだ。2018年に日本で生産・販売を開始した現行の4代目ジムニー(シエラ)は、欧州や豪州などへも輸出するなど、グローバル・モデルとなっている。インドでも2020年11月より輸出専用車として生産開始し、アフリカや中南米などへ輸出してきている。

そして今回、4代目ジムニーとして初めてインド国内で発売する「ジムニー 5ドア」は、リヤドアを設けた新開発の5ドア仕様で、後席には専用のリヤシートや内装を採用している。

5ドア仕様のジムニーは、全長3985mm、全幅1645mm、全高1720mm、ホイールベース2590mmで、3ドア(シエラ)仕様に比べ全長が+435mm、全幅は同一、全高もほぼ同一で、ホイールベースが40mm長くなっている。搭載エンジンは1.5L(105ps/134Nm)、トランスミッションは4速AT、5速MTを設定している。

インド市場における本格的な4輪駆動車としての走行性能を備えるとともに、幅広い顧客層にレジャーを楽しみ、ライフスタイルを表現するための道具として訴求する。

フロンクス

フロンクスは、力強さと流麗さを強調したクーペスタイルのSUVで、取り回しの良さを兼ね備えた新ジャンルのSUVという位置付けだ。迫力と厚みのあるフロントグリルと、横への張り出しを強調したフロント、リヤスタイルで力強さや存在感を表現。

また、リヤへ向かって傾斜するクーペスタイルのルーフ形状で、伸びやかなプロポーションを強調している。室内は上質感のある内装とスペースを有効活用した快適な空間を提供すると同時に、全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用。さらに、ワイヤレスチャージャーや後部座席のエアコン吹き出し口などの快適装備も備えている。

ボディサイズは、全長3995mm、全幅1765mm、全高1550mm、ホイールベース2520mmのB+セグメント・サイズだ。エンジンは1.0L直噴ターボ(100ps/147Nm:マイルドハイブリッド)と1.2Lガソリン(90ps/113Nm:アイドリングストップシステム搭載)をラインアップ。トランスミッションは5速MTと6速AT(1.0L)を設定している。

マルチ・スズキ 公式サイト

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る