スズキ 新型「バレーノ」をインドで発売

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディアは2022年2月24日、フルモデルチェンジし、2代目となったプレミアムハッチバック「バレーノ」をインド国内で2月23日に発売したと発表した。

「バレーノ」は、2015年にインドでマルチ・スズキ初のプレミアム・モデルとして新設したプレミアム販売店網「NEXA」の第1弾として発売して以来、ゆとりある居住空間と十分な荷室スペースを備えたパッケージングで好評を得ている主力モデルだ。

都市部を中心とする若者層で特に人気を得ており、2021年11月にはインド国内累計販売100万台を達成している。

なお2021年のインド国内における乗用車のモデル別販売台数では、マルチ・スズキ社のモデルが上位10モデル中8モデルを占め、その中で「バレーノ」は、1位の「ワゴンR」(18万3851台)、2位の「スイフト」(17万5052台)に次いで3位(17万2241台)となるなど、主力モデルになっている。

今回、初めてモデルチェンジを行なった新型「バレーノ」は、好評なパッケージングを維持しながら、全高を抑え全幅を広くとったスタイリングをさらに強調した外観デザインや、上質感のある内装、ヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用したほか、後席快適性を向上させるなど、全方位で進化させている。

ボディサイズは、全長3990mm、全幅1745mm、全高1500mm、ホイールベース2520mmのBセグメント。エンジンはK12N型1.2Lのデュアルジェットエンジン(アイドリングストップシステム付き)を搭載。トランスミッションは5速MT、5速AGSをラインアップ。

装備では、スマートフォンと接続可能な9インチの大型タッチパネル式ディスプレイオーディオを採用し、全方位モニターにも対応。車速、エンジン回転数、瞬間燃費など必要な情報をフルカラーで見やすく表示するヘッドアップディスプレイも採用している。

また車両にデータの送受信を可能とする車載通信機を標準搭載しており、コネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応している。

なおバレーノはグローバルカーで、今後アフリカ、中南米、中東などへの輸出も順次開始される。またトヨタへのOEMモデル「グランツァ」、「スターレット」としても供給している。日本にも先代バレーノは導入されたが、今回のニューモデルは導入されるかどうかは未発表だ。

スズキ バレーノ 関連記事
スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る